箱根ラリック美術館探訪~その1~

先日、大雨、強風の中、箱根ラリック美術館に行ってきました。

 

11月11日(日)に日本ジュエリー協会主催のセミナー+ミュージアムツアーがあり、数名のお友達が参加して下さいます。

 

そのため、事前に作品展示の状態などチェックしてきました。

 

 

ラリック美術館は箱根の豊かな自然の中にあります。

 

ラリック以前の西洋では芸術作品はキリスト教の影響が強く、人間が中心に描かれ、自然は脇役でした。

 

日本の美術工芸品では自然が堂々と真ん中に、メインで描かれていて、ラリックはその様子に影響を受けたと言われています。

 

そんなラリックの作品を展示する美術館の立地として相応しいでしょう。

 

奥行きのあるシンプルで素敵な、美術館らしい外観です。

 

美術館員の方に解説して頂くミュージアムツアーはとても解りやすく、ラリックの作品を楽しめました。

 

勿論撮影禁止なので写真はありませんが(^-^;)

 

JJAジュエリーデザインアワード入賞作品は2階のミュージアムショップの奥の企画展示室に展示されています。

 

ライトと展示台の関係で,

作品の正面から見てもダイアとパライバの色が解りません。(^-^+)

 

暗くて煌きが全く解らない状態なのです。

 

作品の美しさをそのまま見せる為には、角度をつけて展示するのが良いと思いますが、

驚いたことに作品が水平に展示されているのです。\(☆☆)/

 

作品の横に廻って見てください。石の美しさが解ります☆★☆

 

次回のブログではカフェレストランをご案内致します(^-^)☆=

 

この写真は美術館とミュジアムショップPassageの間にあるクラシックカー。

 

 

 

 

 

 

箱根ラリック美術館サイト http://www.lalique-museum.com/

交通の案内

新宿、横浜から直行バス、仙石原案内所下車 すぐ目の前が美術館

小田急箱根高速バス 新宿発 仙石原案内所下車 所要時間約2時間  http://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/route/index.html

小田急箱根高速バス 横浜駅東口→仙石原案内所 所要時間約2時間  http://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/route/haneda.html#sec01

その他小田原、箱根湯本からバスが出てます。  土日祝日は混雑するので、早朝の出発をお勧めします。

Ibuki Ariga Karin Oshima の紹介

ジュエリーを通して現在の貴方と未来の貴方を繋ぐ、夢の実現のお手伝いをしております。モダンなデザインと卓越した職人の技が調和したジュエリーが特徴。大量生産では決して実現できない、時間と手間のかかる作品を手掛けています。環境保護で海外へ出かけていた時のイメージをジュエリーに盛り込んでいます。 2012年JJAアワード入賞(国内最高峰のジュエリーデザインアワード)、入賞作品は箱根ラリック美術館に展示された。(期間限定) 2013~定期的にベルギー王国大使館で展示会を主催 2016年5月ベルギー王国大使館後援「アール・ヌーボーの都ブリュッセルとジュエリー」主催 2016年10月 ベルギー王国大使館後援「ブリュッセル王宮とプリンセスたちのジュエリー」主催 JJA webサイト http://www.jja.ne.jp/index.html 作品PDF http://www.jja.ne.jp/event/awards/pdf/awards2012.pdf 箱根ラリック美術館 http://www.lalique-museum.com/
カテゴリー: JJA Jewellery Design Awards入賞, 美術館 パーマリンク