千個のパライバトルマリン~JJA Jewellery Design Awards入賞~

アワード入賞作品「繋がりの海」には約150個のパライバトルマリンのメレーが使われてます。

パライバは希少で、高価、国内に綺麗なメレーは殆どありません。

でも、石垣島のブルーイッシュグリーンの色を再現するためにはパライバ以外にありません。

 

どうしてもパライバでなければいけないのです。

「ない物」を求めて必死で探しまわりました。

一人では無理なので、数人の関係者の方にもご協力頂いて、探して頂きました。

毎日毎日。。。。延々と少しづつ集まってくるパライバトルマリンのメレー(小さいサイズの石)を選びました。

合計千個程度見たと思います。

1mmの小さなメレーでも決して妥協できません。

数が足りないからといって基準に満たないパライバを選ぶ訳にはいきません。

 

1mmの石でもまとまった一つの作品になると、最終的な仕上がりが全然違うのです。

関係者のご協力を得て、どうにかパライバは集まりました。

石を集めている頃、石屋さんの間では「綺麗なパライバトルマリンのメレーを探しているデザイナーがいる」と噂になっていたようです。

今の状況で150個の綺麗なパライバを集められたのは奇跡に近いと思います。

絶対に妥協できない、という信念が通ったのでしょうか?

華やかな贅沢品と思われるジュエリーも、このように一つづつ石を選ぶという忍耐強い地道な作業から始まります。

皆さんの仕事でもそうですよね?

Ibuki Ariga Karin Oshima の紹介

ジュエリーを通して現在の貴方と未来の貴方を繋ぐ、夢の実現のお手伝いをしております。モダンなデザインと卓越した職人の技が調和したジュエリーが特徴。大量生産では決して実現できない、時間と手間のかかる作品を手掛けています。環境保護で海外へ出かけていた時のイメージをジュエリーに盛り込んでいます。 2012年JJAアワード入賞(国内最高峰のジュエリーデザインアワード)、入賞作品は箱根ラリック美術館に展示された。(期間限定) 2013~定期的にベルギー王国大使館で展示会を主催 2016年5月ベルギー王国大使館後援「アール・ヌーボーの都ブリュッセルとジュエリー」主催 2016年10月 ベルギー王国大使館後援「ブリュッセル王宮とプリンセスたちのジュエリー」主催 JJA webサイト http://www.jja.ne.jp/index.html 作品PDF http://www.jja.ne.jp/event/awards/pdf/awards2012.pdf 箱根ラリック美術館 http://www.lalique-museum.com/
カテゴリー: JJA Jewellery Design Awards入賞, パライバトルマリン, 繋がりの海 パーマリンク