💎レクチャー色々💎🇫🇷〜アントワネットレクチャー感想から〜

🇫🇷5/17アントワネットのレクチャーの感想💎
💎
🇫🇷結論: レクチャーは何をどうやっても苦情が来ます。合う人だけ残っていく事になりますね。
これはどの業界でも同様の様です。
🔷他にはない、自分しかできない事を表現したり、ブレない自分の軸を決める大切だと思います🔷
 
内容(アントワネットのジュエリーの素材とデザインについての話)について明記してますので、それをよく読んでお越し頂く様にしていますが、読まないで参加される方もいらっしゃいますので、苦情になるのでしょうね😊😆
 
💜80%のお客様に御満足頂けたら、そのイベントは成功と考えています。100%の方に御満足頂ける事はあり得ません。
 
💎事前にレクチャー内容を詳しく書き過ぎると、お客様の中でイメージが確定してしまい、実際と少しでも違うと「イメージと違う」と苦情が来る事が予想されます。
その為、詳しく書き過ぎない様にしています。
 
🔷
①以前、深い内容を話しましたら「自分たちは素人だ‼️内容が難しい」「情報量が多過ぎる、一つのスライドについて3つも4つも情報入れないで欲しい、一つで充分」と言われました。
 
今回、初心者向けに易しくしましたら、
「ジュエリーは本来深いものなのに浅い内容で残念なレクチャーだった」という感想が来ました。
 
②リアリティが必要と思いますので、実際に観たジュエリーをレクチャーで取り上げる様にしています。アントワネットのジュエリーだけで構成する事は不可能です。
 
アントワネットと同時代のジュエリーも解説する事もレクチャーの内容に書いてありました。
 
作り、素材について話す場合はジュエリーの裏と横の写真もある方が良いです。アントワネットのジュエリーにそういう写真はありません。
 
以上の状況で、アントワネットのジュエリーだけでレクチャーを構成するのは無理です。
 
③ジュエリーの時代を絞って話して欲しかった、という感想。
もし、そうしたら、今度は「もっと幅広い時代を取り上げて欲しい」と感想が来ますね🤣😆🤣結局、何をやっても必ず誰かが何かを言います。😆

Karin Oshima について

好感度ジュエリーと王室御用達アパレルブランドで王妃様の気品を纏うお手伝いを致します。 ジュエリーを通して現在の貴方と未来の貴方を繋ぐ、夢の実現のお手伝いをしております。 モダンなデザインと卓越した職人の技が調和したジュエリーが特徴。 大量生産では決して実現できない、時間と手間のかかる作品を手掛けています。 環境保護で海外へ出かけていた時のイメージをジュエリーに盛り込んでいます。 2012年JJAアワード入賞(国内最高峰のジュエリーデザインアワード)、入賞作品は箱根ラリック美術館に展示された。(期間限定) 2013~定期的にベルギー王国大使館で展示会を主催 2016年5月ベルギー王国大使館後援「アール・ヌーボーの都ブリュッセルとジュエリー」主催 2016年10月 ベルギー王国大使館後援「ブリュッセル王宮とプリンセスたちのジュエリー」主催 2018年 ベルギー王国大使館後援イベント 写真展「アール・ヌーヴォーの都ブリュッセル」 レクチャー+コンサート「ルーベンス が描いたジュエリーと音楽」 JJA webサイト http://www.jja.ne.jp/index.html 作品PDF http://www.jja.ne.jp/event/awards/pdf/awards2012.pdf 箱根ラリック美術館 http://www.lalique-museum.com/
カテゴリー: Design, Diamond, France フランス, Seminars タグ: パーマリンク