Gemologists News掲載文~「Iride」制作にあたって~

GIA  JAPAN発行の業界誌「Gemologists News」に掲載されました。

 

昨年JJF(国内2番目の宝飾品展示会)に出展するにあたって「Iride」を制作した時の体験談を書きました。

 

以下掲載文

 

今回の作品制作では、素材調達と職人さんの技術がカギとなると思いましたので、その2点から探し始めました。

 

ゼロから探し始めたのでかなり難航しました。

 

素材調達の目途が立つ前に、地金の原型制作を進めなければJJFに間に合いませんので、「万が一素材が揃わなかったらどうするのか?」というスリル満点の状態でした。

 

様々な試練がありましたが、GIA卒業生の繋がりでどうにか必要としているものにたどり着け、自分でも満足のいく作品に仕上がりました。

 

デザイナーにしかできない事、つまり、デザイナーとしての全体的なコンセプト、個々の作品のコンセプトが大切だと思いました。

 

コンセプトは揺るぎないものであり、たとえ他者が作品を真似して作ってもそこには外見だけ似せた「抜け殻」が横たわっている状態になると思います。

 

例えば、私の場合は、ボランティアで海外各地(アフリカ、タヒチ、旧ソ連、ヨーロッパ各地等々)へ行きましたので、その経験、目的を今回の作品、ディスプレイに反映させました。

 

しかし、デザイナーの個性が前面へ出すぎると、見る方の共感を得にくく、自己満足の「濃すぎる」作品となりかねないので、微妙なバランスを取って行きたいと思います。

 

装着する人が主人公となり、引き立ち、周囲にいる人々までもが華やぐような、幸せな気持ちになるような作品作りをしたいと思います。

 

今後は更に発表の場を広げて、活動してゆきたいと思います。

#GIAを知らない人もいるので

#GIA(Gemological Institute of America =米国宝石学会)

1931年設立。宝石学の世界的教育機関 宝石の鑑定・鑑別機関

現在10カ国14都市にキャンパスがあり、、宝石学教育をリードしてます。

ダイアモンドグレーディングの世界標準”4C”はGIAが考案しました。

#GIA JAPAN=日本でGIA教育を実践している

 

Karin Oshima について

好感度ジュエリーと王室御用達アパレルブランドで王妃様の気品を纏うお手伝いを致します。 ジュエリーを通して現在の貴方と未来の貴方を繋ぐ、夢の実現のお手伝いをしております。 モダンなデザインと卓越した職人の技が調和したジュエリーが特徴。 大量生産では決して実現できない、時間と手間のかかる作品を手掛けています。 環境保護で海外へ出かけていた時のイメージをジュエリーに盛り込んでいます。 2012年JJAアワード入賞(国内最高峰のジュエリーデザインアワード)、入賞作品は箱根ラリック美術館に展示された。(期間限定) 2013~定期的にベルギー王国大使館で展示会を主催 2016年5月ベルギー王国大使館後援「アール・ヌーボーの都ブリュッセルとジュエリー」主催 2016年10月 ベルギー王国大使館後援「ブリュッセル王宮とプリンセスたちのジュエリー」主催 2018年 ベルギー王国大使館後援イベント 写真展「アール・ヌーヴォーの都ブリュッセル」 レクチャー+コンサート「ルーベンス が描いたジュエリーと音楽」 JJA webサイト http://www.jja.ne.jp/index.html 作品PDF http://www.jja.ne.jp/event/awards/pdf/awards2012.pdf 箱根ラリック美術館 http://www.lalique-museum.com/
カテゴリー: Iride, メディア掲載 パーマリンク