旧ソ連への一人旅~未知の国からギリギリで出国~

旧ソ連へ行ったことがありますか?

 

旧ソ連でも比較的行きやすいウクライナの黒海沿岸リゾート、オデッサへ行きました。

 

それでもまだまだ女性の一人旅は厳しかったです。

 

 

滞在したホテルは4星のプール付きで広い庭のある、とても素敵なホテルでした。

 

ホテル自体は快適でしたが。。。。“流石旧ソ連”で、出国時にトラブルに巻き込まれました。

 

空港でセキュリティを通過しようとすると、係官にいきなり腕を掴まれ、

 

$10よこせ!!」と賄賂を要求されました。

 

無視して荷物のセキュリティチェックを通すと、今度は「君の荷物は問題ある、これでは通せない」といちゃもんをつけられ、通してくれません。

 

入国時のセキュリティで問題なかったので、同じ荷物で出国時に問題あるはずがありません。

 

それを言って抗議しても「$10よこせ、よこしたら通してやる!!」と相手は引きさがりません。

 

飛行機の出発時間は迫ってきて、パスポートコントロールは長蛇の列

 

間に合うのか?乗れなかったらどうしよう?

 

その時、年配の貫禄のある係官が登場!! 映画の世界みたいなタイミング(笑)

 

その人に事情を話すといとも簡単に通してくれました。

 

やっとの思いで旧ソ連を脱出して

 

オデッサ(ウクライナ)→プラハ→ミラノ→トリエステ(イタリア)

 

国際線と国内線を繋げて、異なる航空会社同士の乗り継ぎで、この日の最終目的地イタリアのトリエステに辿りついたのは深夜でした。

 

 

 

アイコンの写真はホテルの食事、文中の写真はワルシャワからオデッサへ向かう機中から撮影。

 

Ibuki Ariga Karin Oshima の紹介

ジュエリーを通して現在の貴方と未来の貴方を繋ぐ、夢の実現のお手伝いをしております。モダンなデザインと卓越した職人の技が調和したジュエリーが特徴。大量生産では決して実現できない、時間と手間のかかる作品を手掛けています。環境保護で海外へ出かけていた時のイメージをジュエリーに盛り込んでいます。 2012年JJAアワード入賞(国内最高峰のジュエリーデザインアワード)、入賞作品は箱根ラリック美術館に展示された。(期間限定) 2013~定期的にベルギー王国大使館で展示会を主催 2016年5月ベルギー王国大使館後援「アール・ヌーボーの都ブリュッセルとジュエリー」主催 2016年10月 ベルギー王国大使館後援「ブリュッセル王宮とプリンセスたちのジュエリー」主催 JJA webサイト http://www.jja.ne.jp/index.html 作品PDF http://www.jja.ne.jp/event/awards/pdf/awards2012.pdf 箱根ラリック美術館 http://www.lalique-museum.com/
カテゴリー: 旅とジュエリー パーマリンク