旅とジュエリー~自分なりのジュエリーの原点~

ヨーロッパ各国を旅して、日本にはない発想、センスの商品に出会い、新鮮な驚きを覚えました。

 

 

ボーダーレスとなり、国内外の物が溢れかえっている時代にです。

 

 

「ナゼこんなに素敵なものが日本にないのだろう?」素朴な疑問が湧いてきました。

 

 

おぼろげに浮かんだ答えは「大量生産」「採算性」

 

そうなんです。職人が一点づつ仕上げる作品は「大量生産」できないので「採算」が合わないのです。

 

 

「本来宝飾品とはオーダーに応じて職人が制作するものではなかったのだろうか?

私が見たものは宝飾品の原点ではないのか?」

 

王族、貴族が宝飾家へジュエリーを1点づつオーダーしていた事、美術館で展示されてる宝飾品を思い出しました。

 

そんなことがきかっけになったので、ヨーロッパのある王室御用達のジュエリーや400年の歴史を持つ元宮廷宝飾家のジュエリーを扱っています。

 

友人たちから国内あまりで見かけない商品が欲しいという声が高まり、札幌グランドホテルに店舗をオープンしました。

http://www.royal-michelle.com/

 

訪れるお客様、友人たちからは「プチ美術館みたいだね」と言われています。(^-^)

 

販売目的ではなく、コレクションになってる作品もあります。(笑)

 

当然ですよね?好きで購入した商品なので、手放したくないんです。

 

皆さんもそういう事ありませんか?

Ibuki Ariga Karin Oshima の紹介

ジュエリーを通して現在の貴方と未来の貴方を繋ぐ、夢の実現のお手伝いをしております。モダンなデザインと卓越した職人の技が調和したジュエリーが特徴。大量生産では決して実現できない、時間と手間のかかる作品を手掛けています。環境保護で海外へ出かけていた時のイメージをジュエリーに盛り込んでいます。 2012年JJAアワード入賞(国内最高峰のジュエリーデザインアワード)、入賞作品は箱根ラリック美術館に展示された。(期間限定) 2013~定期的にベルギー王国大使館で展示会を主催 2016年5月ベルギー王国大使館後援「アール・ヌーボーの都ブリュッセルとジュエリー」主催 2016年10月 ベルギー王国大使館後援「ブリュッセル王宮とプリンセスたちのジュエリー」主催 JJA webサイト http://www.jja.ne.jp/index.html 作品PDF http://www.jja.ne.jp/event/awards/pdf/awards2012.pdf 箱根ラリック美術館 http://www.lalique-museum.com/
カテゴリー: 旅とジュエリー パーマリンク